市町村、県の土木新任職員の方を主な対象として、公共事業の積算実務で活躍できる基礎的な知識を得ることを目的としたものです。




 ・開催日:平成30年5月9日(水)~11日(金)
            14日(月)~16日(水)
 ・場 所:(公財)大分県建設技術センター2階 会議室
      (〒870-0905 大分市向原西1-3-33 大分土木事務所 大分港湾振興室)
 ・講 師:大分県土木建築部建設政策課職員、(公財)大分県建設技術センター職員




日 付 時 間 教 科 目
  1 日 目 9:15~  受付
9:30~9:40

 (スケジュール説明)

9:40~12:00  
 ・仕様書、現場説明書
 ・工事監督基準、規格値等の基準書
 ・施工管理について

13:00~16:00  
 ・積算の基本
 ・工事設計書の作り方
 ・歩掛概要について

  2 日 目

9:30~16:00

 
 
 ・図面理解
 ・数量計算書
 ・積算システムの使い方
 ・工事設計書の作成演習


※県土木職員対象の講座は、1日目午前中の時間割の内容が「土木建築部の役割、事業予算の流れ、技術職員の仕事」に変更します。



〈1 日 目〉
1日目は、業務の流れや専門用語の解説、設計書や仕事内容についてのレクチャーを受けます。また、積算についてだけでなく工事技術者としての心構えなども教えてもらいます。

  


〈2 日 目〉
2、3日目は、工事の図面や数量計算書、積算システムなどに触れて、実際の積算の手順に従って練習問題に取り組みます。分からないところがあれば教室内の講師に質問し、解説してもらいます。
積算を行うにあたり、注意をしなければならないこと、見なければならないことを勉強します。

  




 ・積算システムの使い方を初めて使う人に向けて教えてくれて分かりやすかった。
・3日間積算などに関することを学ぶことができ勉強になった。学んだことをこれからの業務に活かしていきたい。
 ・質問しやすい環境でとても有意義に研修を行うことができました。ありがとうございました。
 ・積算とはどういったものなのか、計算方法など分かりやすく理解することができた。
 ・積算システムを扱うのも初めてで専門用語もわからないことが多かったですが、ゆっくり丁寧に指導していただいて、PCでの作業も経験し、理解することができました。
 

 …ほかにもたくさんの感想をいただきました。