大分県内で発生した九州北部豪雨にて大きな被害を受けた日田市に大分県の派遣要請に基づき、防災エキスパート
技術者延べ21人で初期の災害調査を実施しました。

 調査日、調査人数、調査個所及び調査内容は以下の通りです。

 【調査日と調査人数】
   7月11日(火) 防災エキスパート技術者 3人
   7月12日(水) 防災エキスパート技術者 9人
   7月13日(木) 防災エキスパート技術者 9人

 【調査個所】
  河川名:1級河川 鶴河内川(大肥川支川)およびその支川
  延 長:約7km
  箇所数:74箇所(14工区)

 【調査内容】
  ・現地の目視及びテープによる簡易測量
  ・河川護岸における被災延長と法長の整理と被害額の算出
  ・現地の被害状況写真を撮影と整理

 現場での作業状況です。

    
                                (資料整理状況)